あるナースの独白

北海道札幌市の泌尿器科や美容外科など包茎手術を受けることができる医療機関は多く存在していると思います。 私は女性であるため、実際に自分が包茎手術を受けた経験はもちろんありませんが、北海道札幌市の某病…


あるナースの独白

北海道札幌市の泌尿器科や美容外科など包茎手術を受けることができる医療機関は多く存在していると思います。

私は女性であるため、実際に自分が包茎手術を受けた経験はもちろんありませんが、北海道札幌市の某病院小児科に勤務しているため、包茎手術を受ける子どもと接する場面は多いです。

幼児や小学校低学年程度までの思春期を迎える前の子どもであれば、それほど羞恥心は感じていないようですが、中学生くらいになるとやはり羞恥心が強いようです。

手術を受ける以上は患部(陰茎や亀頭)の状態を確認するため、複数の看護師や医師に見られるため、中には顔を真っ赤にして恥ずかしそうにしている男児も少なくありません。

仮性包茎であれば、手術の必要はないため、手術を受ける子どものほとんどは真性包茎です。

何度も亀頭包皮炎などを繰り返し、やっと手術を受けることを決断される子ども・ご家族も多いようです。

看護師として働いている中で思うことは、年齢が上がるにつれて包茎手術後の痛みが強いのではないか、ということです。

できるなら幼少期に手術を済ませておけば、病院や手術に対する恐怖心などのマイナスイメージや羞恥心の軽減につながると思います。

北海道札幌市に限らず、大人になってから包茎手術を受ける方も多くいらっしゃると思いますが、保護者の方が早い段階で子どもの包茎に気付き、適切な治療を受けさせて欲しいと思います。

包茎について何か気になることがあれば、まずは泌尿器科の受診をオススメします。